Terms of Service

~ Fellows climbing 利用規約 ~

Climbingは危険を伴うスポーツです。怪我や事故のないように十分注意して施設をご利用ください。また、安全に楽しむためにいくつかの注意点がございます。皆様に必ず知って頂きたい事を以下にまとめましたので、必ずご一読の上、常にご注意下さいます様よろしくお願い申し上げます。
必ず全文お読みください。

※注意事項※

  1. 小学生以下のご利用は保護者、引率者同伴の時のみとさせて頂いております。
  2. クライミングを行わない方は、怪我や事故の防止の為施設(climbingエリア)への入場はお断りしています。
  3. アルコール、危険薬物等を飲んでのご利用はお断りしています。
  4. 健康に不安がある方や途中で体調の悪くなった場合は、ただちに施設のご利用
    を中断して下さい。
  5. 上半身裸で登ること、裸足やクライミングシューズ以外で登る事はご遠慮下さい。
  6. 施設内では、置き型バックの使用も可能ですが、チョークボールを入れてのご使用をお願いしています。
  7. スタッフの警告・注意を無視した場合は、施設の利用を中止していただくことがございます。
  8. 爪の長い方は割ってしまう恐れがあります。爪切りを用意していますのでご利用下さい。
  9. 指輪や腕時計はキズが付いたり、怪我の原因になる恐れがあるので必ず外して下さい。
    また、貴重品等はご自身での管理をお願いしております。(貴重品の盗難・紛失等は一切の責任を負いませんのでご自身で管理して下さい。)
  10. メガネはクライミング中に落としてしまう危険性があります。メガネバンドのご利用をお勧めします。
  11. 衣類のポケット等に物が入っていると落下の危険性があります。必ず衣類のポケット等は確認して下さい。
  12. 運動できる服装に着替え、準備運動を必ず行って下さい。
  13. ホールドと呼ばれる手掛かりは、ボルトで取り付けられています。しかし、性質上まれに割れたり、強い負担により回転することがあります。
    ホールドの破損、回転は、完全に防ぐことが出来ません。その事を認識して行って下さい。(破損、回転等を見かけた方はスタッフにご連絡下さい。)
  14. クライミングは、高いところに登るスポーツです。登っている人が落ちてくる危険性もあります。常に頭上を注意して登っている人の下には入らないようにお願いします。
  15. 登っている人の下に入ってはいけません。登はん中の方が落下してくると、お互いに怪我をします。また、マット上も危険な箇所が存在します。周囲、頭上を注意して下さい。
  16. 登る前に他のクライマーが自分のラインと重ならないか、接近しないかを確認してから登ってください。また、先に登ってる方が優先となります。自分が後の場合は譲りましょう。
  17. 長時間、同じ壁を一人で占領しないで下さい。譲り合ってご利用をお願いします。
  18. 混雑時のトラバース課題(横移動課題)はご遠慮下さい。
  19. 壁同士が向かい合っている箇所は特に注意して下さい。
  20. 着地は必ず足から行って下さい。無理な態勢での着地は怪我や事故につながります。
  21. 壁の最上部からの飛び降りは禁止しています。膝の屈伸を利用し安全に着地を行って下さい。
  22. 登る前に着地点の確認を行って下さい。ブラシやチョークバックが放置されている可能性も考えられます。
  23. マットと壁の間には隙間の開いている箇所があります。マットの無いところに落下すると危険です。注意して下さい。
  24. 小学生以下の施設利用に関しては、マットの上を走り回ったり、大声で騒いだり遊ばせたりしないで下さい。他のお客さまのご迷惑になります。特にマット上は他のクライマーが落下する危険性がある為絶対に目を離さないで下さい。
  25. 高いところまでお子様が登ったときには、必ず保護者さまや引率者さまがスポット(補助動作)を行って下さい。
  26. 20時以降は、大声をあげてのクライミングはしないで下さい。
    近隣の住民に迷惑がかかります。

.

上記内容をお読みいただけない方のご利用は出来ません。ご理解ください。